身長を伸ばす生活

正座で身長を伸ばす方法

あと数センチ身長があれば・・・そう願うことがあるでしょう。
しかし大人になったらもう身長が伸びないのでは?という考えが一般では浸透しています。

確かに、骨端軟骨は20代になる前に固まり、物理的に骨が伸びることはほとんどありません。しかし、実は少しの努力で、大人でも身長を伸ばすことはできます。

それは正座ストレッチ。

縮こまった体と関節を伸ばすと、人によっては数センチほど伸びることがあります。

どのような方が伸びる可能性があるでしょうか。
一言で言えば「姿勢が悪い人」。猫背、反り腰、X脚やO脚など。
背骨には堅い部分と、間接の軟骨があります。しかし関節は歪んだ姿勢や、長時間同じ体勢できると縮こまり、固まってしまいます。

その結果、身長まで縮んでしまいます。ぜひ正座ストレッチで間接をほぐしてみましょう。

身長が伸びるだけでなく、正しい姿勢に近づけて印象がグッと良くなりますよ。

太ももとおしりの筋トレがおすすめな理由

「体の要は腰」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
腰は立ち上がる動きすべてを支えます。普段はあまり意識していませんが、腰がいかに大事なのかは怪我をすると分かります。ギックリ腰をすると、歩くのもひと苦労なのを経験した方もいるのでは?

その腰を支えるのに必要なのが、太ももとおしりの筋肉です。
なんとなく歩くだけでは、あまり太ももやおしりの筋肉は使いません。使わない筋肉はどんどん萎縮し、体を支えるのが難しくなります。その結果、足を擦るように歩いて躓いたり、姿勢が悪くなったりします。もちろん、身長にも悪影響を与えます。

背を伸ばす第一歩は姿勢を良くすること。姿勢を良くするためには、まず適正な筋肉作りが欠かせません。
姿勢を正す、という意識を持ち続けることも必要です。
しかも太ももやおしりの筋肉は大きく、筋トレをすると効果が出やすいのも利点です。姿勢を正やすくなり、代謝が上がりダイエット効果も期待できます。

正座でできるストレッチの方法

太ももとおしりの筋肉を鍛えるのに、難しい動きは必要ありません。正座ができる、一畳ほどのスペースがあれば十分です。
まずは、正座ストレッチを初めてみましょう。初心者は補助してくれる人が横にいると安心です。

まずは、堅めの床に正座をします
息をゆっくり吐きながら、そのまま後ろに倒れます。(補助役の方は、背中を支えながらゆっくり後ろに倒します)
慣れるまでは、後ろに倒れるときに腕で支えながらゆっくり倒しましょう。
床を背中に付けたら、1~3分ほどゆっくり呼吸をします。

行っている間、ずっとお尻の穴を締めるイメージでキープしてみましょう。骨盤底筋や体幹が鍛えられ、内部から支える効果が期待できます。
お尻が絞められない時は、身体が冷えている可能性があります。適度な運動や足湯、温かいものを食べて体を温めましょう。
体が固すぎてスムーズに行えないときは、まずは太ももを伸ばすストレッチを行いましょう。膝が痛いときは無理せず、他のストレッチを試して下さい。

正座ストレッチでの効果

正座ストレッチは骨盤の矯正に効果があります。
姿勢が悪い方は、ほとんどのケースで骨盤にゆがみがあります。
骨盤矯正はプロにお任せする方法もありますが、自分の筋肉で支えるのが一番!正座ストレッチは骨盤を正しい位置に戻します。

この正座ストレッチ、人によっては2~3cmほど身長が伸びると評判です。
歪んで縮んだ間接を伸ばすと、これだけの効果が期待できるのです。
しかし、体が固いと怪我するおそれもあります。自分ではまっすぐ伸ばしたつもりでも歪んでいることも。必ず補助する人に確認してもらいましょう。

正座ストレッチで維持できるのはどれくらいか

正座ストレッチで間接を伸ばしても、ある程度時間が経つと姿勢がまた崩れて間接が縮んでしまいます。
はっきりと、どのくらいの時間維持できるとは言いづらいですが、少なくとも1日1回以上はストレッチをしましょう。
骨盤の位置や姿勢が正しければ正しいほど、適度な筋肉量があれば、長い間維持できます。

正座ストレッチのおすすめの時間帯

正座ストレッチは、どの時間でやっても効果は期待できます。
身長を伸ばす、という目的なら朝一番に行うのが最適です。朝に正座ストレッチを行えば背が伸びた状態になり、より長時間身長がキープできます。

冬の朝は寒くて筋肉がこわばっているので、正座ストレッチの前に入念に太もものストレッチを行いましょう。
朝が忙しい方は、眠る前に行うと良いでしょう。寝る前なら骨盤にあまり負荷がかからないので、骨盤矯正が比較的長持ちします。
血流が良くなるので、心地よい睡眠に誘う効果も期待できます。

骨端軟骨はどのように大人になるにつれて変化するのか

骨は成長ホルモンを浴び、成長期にグングン伸びます。骨のどこが伸びるのでしょうか。
骨の端には「骨端軟骨」という部分があり、ここが分裂、成長することで骨が伸びます。
大腿骨など長い骨は、骨のくびれの部分に骨端軟骨があります。
子供の大腿骨あたりをレントゲン撮影すると、間接に近い場所に線があります。これを骨端線といい、この線の中にある組織が骨端軟骨。
この中で骨の元になる軟骨がどんどん形成され、作られた軟骨は硬くなり、骨が形成されます。

しかし、ある程度の年齢になると骨端線の中の骨は固まり、骨端軟骨がなくなります。大人になると背が伸びにくいのは、骨端細胞が硬い骨に代わり、これ以上分裂できなくなるからです。

どれくらいまで骨端軟骨は成長できるのか

骨端軟骨は成長期に栄養や成長ホルモンを受け、分裂成長を繰り替えします。
骨端軟骨が活発に成長するのは、第二次成長期に入ってから。個人差はありますが、10歳ごろから成長が顕著になります。
17~18歳くらいまでには骨端軟骨が硬い骨に変化します。これで分裂成長はストップし、背の伸びも止まります。

身長アップを目指す際にアルギニンがおすすめな理由

骨端軟骨が成長するためには、十分な栄養と成長ホルモンが必要です。
たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂取し、夜にはよく眠りましょう。眠っている間に成長ホルモンが分泌されるためです。

成長ホルモンは、アルギニンというアミノ酸が分泌を促します。
アルギニンは血中の一酸化窒素を増やし、血管を広げる作用があります。血流が改善するので冷え性改善からスタミナアップまで、様々な用途で活用されます。
体内でも生成されるアミノ酸です。子供にたんぱく質が多く必要なのは、アルギニンなどアミノ酸の生成の材料になるためです。
しかし、生成できる量には個人差があり、中にはアルギニンを作りにくい体質の方もいます。

子供がアルギニンを摂取すると成長ホルモンの分泌を促し、骨端軟骨に増殖を促します。その結果、背が伸びやすくなると言われています。
アルギニンはアルカリ性がとても強く、石灰のように苦いのが特徴。そのまま飲むと胃腸が荒れることがあるので、クエン酸を混ぜて飲むと安心です。

身長を伸ばすストレッチ

身長はストレッチでそもそも伸びるのか

結論を言えば、ストレッチをしても骨が成長するわけではありません。骨の成長は主に10代(まれに20代まで)で終了するからです。
しかし、ストレッチをして姿勢を正すと、歪んでいた軟骨が正しい位置に戻り、軟骨の長さが伸びます。
年を重ねると少し身長が縮むことがありますが、軟骨がすり減ってしまうことも原因の一つ。普段はあまり意識しない軟骨ですが、「身長を伸ばす」点では重要なポイントです。

軟骨は粘土のようなもので、ある程度の伸縮ができます。このおかげで骨同士がぶつかることなく、しなやかに体を動かすことができるのです。
もちろん軟骨なので、一度伸びてもしばらくすると元に戻ってしまいます。しかし、継続的なストレッチで姿勢を正し、軟骨を伸ばせば高い身長を維持することも期待できます。
軟骨を利用した身長アップを心がけましょう。

背中のストレッチの方法

背を伸ばすためには、背中(=背骨)の軟骨、椎間板をいかに正しい姿勢に保つかが勝負。正しい姿勢を保ち、ストレッチなどで血流を良くすれば、軟骨は最適な高さまで伸びます。
背骨は軟骨がいくつもあるので、身長の伸びしろが最も大きい部分です。

スマホやPCなどを長時間使う現在、ぴんと背中を伸ばすことは難しくなっています。気づけばいつの間に猫背になり、背中の軟骨を圧迫することに・・・
しかも血流まで悪化し、肩こりなどの原因にもなります。
まずは、背中のストレッチをして、軟骨を伸ばす基礎を作りましょう!

大き目のバスタオルを用意し、ロール状に丸めます。
それを畳など堅めの床に縦に置き、背骨をバスタオルに沿わせて仰向けになります。
そのまま10分ほどリラックスして休みましょう。

さらに、ロールを横向きにして腰の下に当て、グーっと両足と両手を伸ばします。つらいときは足を適度に曲げても効果があります。

太もも裏の筋肉に対してのストレッチの方法

大腿骨付近の軟骨も、身長アップに貢献します。
股や太ももは意外と固まりやすく、凝りやすい部分。凝ると血流が悪くなり、間接も縮んでしまいます。なにより転びやすくなり、怪我の危険も。
高齢者だけでなく、若い世代の方にも同様の事故のリスクはあります。ぜひ太股もしっかりストレッチして、日々の健康に寄与しましょう。
血流が良くなるので、下半身の冷え予防の効果も期待できます。

床に座り、片方のひざを曲げて横に広げます。
もう片方の足は斜め45度くらいの角度で伸ばしましょう。
そのまま、ゆっくり体を前に倒すと、太ももの裏がピーンと伸びてきます。
数回ほど繰り返し、逆の足も同様に行います。

注意点は、伸ばした足はしっかり足指を天井に向ける、体を倒すときは背骨を曲げないことです。
ほとんど胴体を倒すことができなくても大丈夫。引っ張られる感覚があるならきちんと効果はあります。無理せず、マイペースに行いましょう。
曲げるときは息をゆっくり吐き、お尻をキュっと締めることを心がけましょう。腰痛防止にもなります。

股間接の筋肉に対してのストレッチの方法

股の間接は、意識しないとあまり使いません。特に、足を擦るように歩いている方は、きちんと股間接が動いていない可能性も・・・
太ももストレッチと同時に行いましょう。

股間接ストレッチは様々な方法がありますが、そのうち2つをご紹介します。
床に座り、あぐらをかきます。そのまま体を前に倒し、股間接がグーっと広がっていくのを感じます。
数回ほど行ったら、今度は足を入れ替えて同様に行います。
注意点は、太ももストレッチと同じです。

立ち上がって行う股ストレッチもあります。
立ち上がり、腰に手を当てて足を前後に広げます。
前足は直角になるほど腰を下げ、後ろ足は膝を床に付けます。
全体的に前に進むようイメージしながら、重心を前に傾けます。股間接が伸びている感覚があるなら正しい姿勢です。
数回繰り返して、今度は左右の足を逆にしましょう。

腰を曲げすぎないことと、あまり無理しないことが大事です。

ストレッチポールを活用したストレッチの方法

体操の内村選手が活用したことで有名になったストレッチポール。
円柱型の固めのクッションで、背骨を這わせて寝ころびます。骨盤矯正の効果があり、ただ仰向けに寝るだけで骨盤にぴったりフィットします。
少々場所は取りますが、気軽に使えるので1つは欲しいところです。

ストレッチポールは細いもの(EX)と、太いもの(MX)の2種類あります。太いほうがより強く押す力があり、細いものはソフトタッチで長時間使用ができます。
一概にどちらが良いとは言いづらいですが、普段からゴロ寝のついでに背中を伸ばしたいなら細いもの、短期決戦でガッツリストレッチをするなら太いものが良いでしょう。

ただ寝るだけでも効果がありますが、プラスアルファでストレッチも行ってみましょう。
ストレッチポールの上に仰向けに寝ころび、両ひじと手首を床に付けます。そのまま円を描くように動かしましょう。
終わったら両手を斜め上に軽く伸ばし、しばらくしたら引っ込めます。これを数回繰り返しましょう。
両腕を、鳥の翼のように動かします。肘を床に付け、肩からゆっくり動かしましょう。

これらのストレッチで、さらに間接がほぐれる効果が期待できます。

タオルを活用したストレッチの方法

身近な道具でもストレッチをさらに効率的にすることができます。
手ぬぐいサイズのタオル(体が固い方は、スポーツ用の長いタオル)を使って、伸びづらい間接をしっかり伸ばしていきましょう。

標準的なハンドタオルを使います。
タオルの端を丸く結び、結んでいない側を右手に持ちます。
左手は背中に回し、スタンバイしましょう。

右手のタオルを正面から背中に向けて降り下ろします。それを左手で腰のあたりでキャッチしましょう。
成功したら左手に持ち換え、右手でキャッチします。これを数回繰り返します。

背中をほぐし、正しい姿勢を維持する効果が期待できます。一発で掴めるようになれば、正しい姿勢の感覚が掴めるほど成長しているでしょう。
体が堅い人は、長いスポーツタオルを使ったほうが安全です。

寝る前に気を付けるべきこと

寝具はどのようなものをお使いでしょうか。
もし、腰がやたらと沈むようなマットレスを使っているなら、改善を検討したほうが良いかもしれません。

昭和の時代まで、多くの日本人は薄い敷き布団で眠っていました。実は、この堅さに姿勢を正す効果があったのです。
体に合う上質なマットレスは正しい姿勢に導く効果が期待できます。(高価なものでも体に合わないと姿勢が歪みます)
しかし、そのような寝具は高価で、そうそう気軽に買えるものではありません。
それなら昔ながらの布団で眠ったほうが、姿勢をゆがめない効果が期待できます。

無理にベッドを処分しなくても構いません。マットレスの上にベニヤ板などを乗せるだけでも同様の効果が期待できます。

体のゆがみ改善がおすすめな理由

身長を伸ばすには、正しい姿勢であり続けることが一番手軽です。高価な器具もいらず、コツさえ掴めば日々の生活で改善できます。

姿勢が正しいと、間接への圧力も均一化します。そのため間接も必要最低限しか沈みません。
姿勢が歪むと、間接の一部だけに過剰な力が加わります。その歪みを調整するために、その下の間接は逆の方向に歪みます。
その結果、あちこちの間接が歪み、縮んでしまいます。圧迫されると血流も悪化するので、身長が縮むだけでなく冷え性や間接痛など様々な悪影響が起きます。

姿勢を正すには、無意識下でもお尻を適度に締められるだけの筋力が必要です。
ストレッチだけでなく、ヨガなどで体幹を鍛えましょう。常に、お尻を締めることをイメージするだけでも腰が立ち、姿勢を正す効果があります。
お尻を締めるためには、お腹の中が温かいことが必要です。お腹が冷えると締まりにくくなります。
普段からあまり冷たいものは食べない、夏もレッグウォーマーで足首などを保護するなど、生活に工夫してみましょう。

成長ホルモンが身長に与える影響

成長ホルモンは、脳の下にある脳下垂体という器官から放出されます。第二次成長期を中心に盛んに分泌され、骨端軟骨に働きかけます。
この働きで軟骨は増殖を繰り返し、骨がどんどん伸びます。まさに、成長ホルモンこそ身長を伸ばす原動力。
ぜひ成長期には、成長ホルモンをたっぷり分泌させて身長を伸ばす工夫をしましょう。

成長ホルモンは「3時間以上、しっかりと眠る」生活で盛んに分泌されます。
成長ホルモンは寝入ってから3時間くらいの間に分泌されます。この間に気持ちよく眠ると、たっぷり成長ホルモンが放出されます。
逆に、眠りが浅くてすぐ起きたら、成長ホルモンはあまり期待できません。

可能なら「昼にしっかり太陽に浴び、夜に眠る」生活を心がけましょう。昼に太陽の光を十分に浴びると、セロトニンというホルモンが生まれます。太陽の光を浴びるのは1日30分程度で十分ですが、曇りや冬にはもう少し増やしても良いかもしれません。
セロトニンは幸福感を起こし、上質な睡眠に誘います。

骨端軟骨は、個人差はありますが18歳以上になると軟骨部分が消えます。こうなると、いくら成長ホルモンを与えても骨が増殖することはなくなります。
しかし、成長が止まっても成長ホルモンは新陳代謝を促進し、健康に寄与する働きがあります。

成長ホルモンで身長アップを目指す方法

成長ホルモンで身長を伸ばすには、骨端軟骨がある成長期であることが絶対条件です。骨端軟骨がなくなると、骨が伸びることは事実上不可能です。

何らかの理由で成長ホルモンの分泌が極端に少なく、成長障害がある子には、成長ホルモン治療を行うと身長アップの効果が期待できます。
成長ホルモンを筋肉注射し続ける治療法です。週に2度ほど打つ必要がありますが、自宅で注射することが認められています。現在は負担の少ない注射針も開発されています。
足りない成長ホルモンを補充するだけなので、投与する量が正しければ副作用はほとんどありません。まれに頭蓋骨の中の圧力が高まることがあり、頭痛や吐き気、ひどい時はけいれん、視力障害になることもあります。
頭痛がするときは、必ず医師に相談しましょう。

個人差はありますが、年間8cmほど伸びることも。2年目以降は徐々に効果が薄れてくる傾向があるので、焦らずマイペースに続けることが必要です。

測定前に少し身長アップを目指す方法

身長測定の前は期待と不安でいっぱい・・・あと1cmでも伸びたらいいのに。そう願う方は少なくないでしょう。
実は、身長はある程度、自分の思い通りにできます。さすがに即10cm伸ばす!なんてことは厳しいですが、少しの心がけで1cmくらいなら伸ばすことは可能です。
ぜひ日々の習慣にしてみましょう。

身長を測定するときの姿勢を確認

小学生のころ、よく学校で「正しい姿勢」について指導を受けたと思います。
当時はうるさい、面倒臭いと思うだけだったかもしれません。でも、実はあの指導こそ「身長アップ」の秘訣だったのです。
本来、人間の体は背骨が適度に湾曲して、絶妙なバランスで支えています。しかし筋肉の量が減ると支えきれなくなり、猫背などになります。
ひどいケースだと背骨が横や斜めに変形することも。身長が縮むだけでなく、内臓が圧迫されて様々な不調を起こします。
姿勢を正すだけで筋肉が鍛えられ、身長もそれだけ伸びる(正確には、本来の高さに戻る)のです。

「顎を引いて胸を張る」
とはよく言われますが、この状態が最も椎間板に適切な重さがかかり、間接の伸縮を最大限抑える姿勢です。
ただ、力を無理に入れて胸を張っても疲れるだけです。お尻に意識を集中して、内側から適度に締めましょう。これが習慣化できれば、すぐに正しい姿勢が保てます。

足の位置は、ぴったり太股を付けずに、少しだけ足を広げるほうが高くなるそうです。
自然な位置に足を置き、まっすぐ垂直に向けましょう。

測定前にやる正座ストレッチの方法

正座ストレッチは簡単な背骨ストレッチ。
直前の追い込み的な身長アップ効果が期待できます。その秘訣は背中の間接、椎間板を適切に伸ばすこと。
とても簡単なストレッチで背中をしっかり伸ばすことができますよ。
出来れば、測定前に行うのが理想です。学校ではなかなか場所が見つからないかもしれませんが、そのときは家を出る直前にやってみましょう。

1.まずは、正座します。膝はくっつけたままにしましょう。お尻を締めるよう意識します。
2.頭の後ろで手を組み、息を吐きながらゆっくりと背中を後ろに伸ばします。
背骨を⊂の字になるように、屈めるように伸ばすのがポイント。
3.ゆっくり呼吸をしながら、3分ほどキープします。
4.ゆっくり戻して終了。できれば30秒ほど地面に寝ころんで、大の字で休みましょう。

背中、腰がグーっと伸びてる感覚があれば効果があります。

O脚矯正ができるストレッチの方法

O脚に悩む方は多いですが、ある程度ストレッチで改善することができます。
時間はかかりますが、日に日に改善していくのが目に見えて分かるので、モチベーションは保ちやすいでしょう。ぜひ、毎日全身鏡で確認してみましょう。

O脚ストレッチは多くの種類があります。今回はそのうち2つをご紹介します。

1.正座ストレッチ
正座はO脚改善に効果が期待できます。
日本人は昔からO脚が多いですが、正座が原因では・・・などと疑われていた時代もあります。しかし、正座の習慣が減った現在、減るどころか増える一方という声も。
「正しい正座」をすれば、O脚は改善できます。

まずは正座します。
足のかかとを、ぴったり合わせるのを意識します。その上にお尻を乗せて、背筋を伸ばします。
この姿勢で1分ほどキープしたら終了です。
「これだけ?」と言われそうですが、これだけでO脚が少し改善します。意外と心地よく気分もスッキリしますよ。

2.立ち姿勢ストレッチ
立った姿勢でストレッチを行うのも効果があります。
ただ「立つ」だけですが、驚くほど効果があります。いかに自分の筋力が足りないかが実感できるかもしれません。

壁に背中を向け、後頭部、背中、お尻、かかとを壁に付けます。
かかとをハの字に広げ、膝同士を付けます。これで5分ほどキープしましょう。
内股やふくらはぎの内側、下腹部に力を集中させると、さらに効果が上がります。
これを1日3回ほど続けましょう。

猫背をまっすぐにするストレッチの方法

猫背は筋力不足で起こるものです。
最近はスマホの登場で、猫背がひどくなる人は増える一方です。パソコンを操作する時も、いつの間に猫背になっていませんか。
気を抜くとすぐに猫背になりやすい現在、猫背をまっすぐにするストレッチはとても効果が期待できます。

普段から、体を反らすだけでも効果がありますが、ぜひ寝る前にしっかりストレッチしましょう。

床などに、うつ伏せになります。
あご、足を上に上げます。体が柔らかいなら、足首を持ってエビ反りします。
これを10回行い、10秒休憩します。これを5セット行いましょう。

さらに、肩のストレッチも行います。
肩幅に両足を広げて立ち、両肘を曲げます。
肘を後ろに振り上げ、5回行います。
5秒休んで、5セット行いましょう。
(無理に振り上げると肩を痛めるので注意!)

何より、下半身に力がないと上半身も力が入りません。
いつもお尻あたりを軽く力を入れるように心がけましょう。

O脚も関係している理由

O脚は先天性でも発生しますが、多くの方は「姿勢」「歩行」「席に座るとき」の姿勢が原因です。
よく居酒屋などで、膝を片方に寄せて座る女性がいますが、これこそがO脚の原因です。骨盤もゆがむので、できるだけ止めましょう。
(どうしても改善しないときは、逆の側に倒して座る時間も作りましょう)
内股で歩くのもO脚を悪化させます。足を組むのは足を魅せるのには効果的かもしれませんが、O脚の原因になります。
日常でついやってしまう癖こそが、O脚を悪化させる要因です。しかし生活習慣でO脚を悪化させたなら、改善は期待できます。

そもそもO脚とは何か

O脚とは、足をそろえて立ったときに「膝上か膝下どちらかに隙間が出来る足」のことです。
痩せている方ほど目立ちやすい傾向があります。
ごく軽微なものを含めると、日本人の9割はO脚とも言われています。むしろ理想的な足を持つ人を探すほうが難しいほど。
現在の大半の方は、生活習慣が原因です。

はっきり言って9割もの方がO脚なら、よほど重傷でなければ目立つものではありません。あまり悩まず、マイペースに改善していきましょう。
もしO脚を改善できれば、1割の美脚になるのも夢ではありません。

O脚の原因

O脚には様々な原因があります。
先天性、栄養失調などによる骨の変形、生活習慣などに大別されます。

かつてO脚など足の変形が大きな問題になった国があります。産業革命時代のイギリスです。
当時のイギリスはスモッグで十分に光が浴びられず、子供がビタミンK不足になりました。その結果、骨が柔らかくなる「くる病」になり、足が変形する事例が多発しました。
現在の日本では過去の病気だと思われていましたが、近年「くる病」の患者が出るようになりました。子供には日光を浴びさせて(1日20分程度で十分とされています)野外で遊ばせましょう。

生活習慣が原因のO脚は、一言で言えば「骨盤の歪み」が原因です。
骨盤が歪むと足がうまく支えられず、全身あちこちが歪んできます。重すぎる荷物を抱えてヨロヨロする状態が日々起きていると思うと、想像しやすいかもしれません。

O脚改善のコツ

O脚改善のコツは、「骨盤の歪みを改善する」ことです。
正しい姿勢を保てば自然に筋肉が鍛えられ、O脚も改善していきます。同時にストレッチを行い、悪くなった血行を改善しましょう。
実は、O脚になると足だけでなく、肩や背骨も歪んでいきます。ある部分が歪むとそれを補うために、逆の方向に歪んで調整するからです。
「O脚を治す!」と意気込むだけでなく、ぜひ「骨盤を正しい位置に修正する」ことにも心がけましょう。

正座がO脚にいい理由

正座ストレッチをいくつか紹介しましたが、「正しい姿勢の」正座はO脚改善に非常に効果的。
逆に言えば、「正しくない、だらりとした姿勢の正座」を続けると、どんどん骨盤が歪んでO脚が進みます。

正座は骨盤に負荷をかけません。背後から見て、足とお尻、背中、頭が垂直にキープしている場合、骨盤は最適な場所でキープできます。
しかし、冷えなどで骨盤付近の筋肉(骨盤底筋など)の力が抜けると、正座がとても辛くなります。そうなると腰を歪めたり、背中を歪めたりします。
正座は椅子に座るよりも、この変異に気づきやすいのです。
「気持ちよく正座できなくなっている」ことに気づけば、O脚のサインかもしれません。ぜひ「骨盤」を意識して生活してみましょう。

>>身長を自宅で5センチ伸ばすマル秘方法はコチラ

40代女性がヨガで身長が1センチ伸びた体験談


この記事では、40代のわたしが持病をキッカケにヨガをはじめ、身長アップから精神面、お肌への美容効果などいろんな恩恵を得られた体験談をお話しします。

ヨガを始めたきっかけ

持病があり病院に通っていましたが、病院の方針は「薬や診察だけででは病気は改善しない、自助努力も必要!」
病院の中でエクササイズやヨガなど様々なプログラムがあります。どんなものかと気軽な気持ちでヨガの授業を受けたら大当たりでした。プログラムを終えると心身が落ち着いてスッキリします。
あまりにも疲れやイライラが溜まっている時はグッタリすることもありますが、次の日にはスッキリ爽快に!
ヨガというのはスゴいもんだと思ってYouTubeのヨガ動画や他のヨガ教室にも行ってみましたが、決して悪くはないけど(テンポ早くない?)(これはただのストレッチでは・・・)と疑問に思うことが多く、結局は病院にヨガに通い続けました。

先生は大阪の天満に自分の教室を開いているので、調子が悪いときはこちらにも通っています。
先生のヨガは沖ヨガという日本でもっとも古いヨガの系統で、バランスを重視した内容です。沖ヨガは戦前に海外でスパイ活動(!)をしていた元諜報員、沖さんが潜入先のインド哲学に惚れ込み開発したヨガです。様々な流派があるので一言でコレ!と説明できないものですが、どんな時でも心身を整えて日々を心地よく乗り越えていくことを目的にしています。

ヨガといえば変なポーズを取るインドのエクササイズと思う方が多いと思いますが、先生はポーズの説明はしません。

まずはお尻を締めることを重視して、下半身に力が集中できるような動きをします。わりと長い間続けていますがポーズの名前を知らないことがよくあります。

たとえばダウンドッグ(下を向く犬のポーズ)という有名なポーズがあります。

頭を心臓より下にすることで血液循環を整え、冷え性などの改善に効果が期待できるポーズです。
背中を伸ばし肩こり解消の効果もあります。

このポーズはお腹(とお尻)に力が集中しないと効果が薄く腰を痛めやすい傾向があります。背中を丸めると効果が半減します。

これを「その人なりに」最適な場所まで持って行くことを重要視しています。
アクロバティックな姿勢になれなくても「その人なりに」姿勢が取れたらリラックスや不調改善などに最適な効果があり、無理してポーズにばかりこだわると逆効果になるそうです。

ヨガのポーズは一見すると奇妙に見えますが、すべて合理的な意味があり注視して行わないと意味が半減する・・・ということを言葉でなく体で分からせてくれます。
意味が分からなくてもある程度は効果が期待できますが、伸ばすべき場所を意識することはとっても重要だそうです。

生徒さんは10代のお子さんから80代のおばあちゃんまで様々で、おしゃれな女性から絵に描いたような大阪のおばちゃん、お姉さんもいます。
今どきのスマートなヨガとはずいぶんと違いますがw アメリカからセレブ御用達のような煌びやかなヨガが入ってくる前の、一見すると地味だけど体の奥から響くヨガが体験できます。
YouTubeの動画のような美しいポーズでなくても、その人なりに・・・たとえ骨そ粗症でも腰が曲がっていても、体が固くてもその人にとって最適な場所にエネルギーを集中することに意味がある・・・そうです。
おかげさまで運動らしい運動をしていない私でも何年も続けています。開脚できなくても体が固くても年老いても障害があっても、その人なりのヨガがあります。

ヨガ教室はどんなところ?

初めて参加するときは事前に電話して(会員になれば開始時間の前に直接)受付で会員証(または授業料)と引き替えに鍵を預かります。
ヨガマットなどは用意してくれていますが、自分が愛用するマットを持って行ってもかまいません。私は遠方なので持参しませんが、自主訓練用に自前のマットはあります。


コストコで2000円ちょっとで買ったマットですがものすごく質が良いですw

ポーズによってはタオルを使うこともあります。私は体ががちがちに固いので必須です。
実はタオルもいいけど手ぬぐいが理想だそうです。理由は手ぬぐいが伸びないから。
タオルは伸縮性があるのでポーズを取ると少し伸びてしまうんですね。あまり気にしなくていいそうですが、最近はおしゃれな手ぬぐいもあるので外に持って行っても恥ずかしくないですね!


このように、足などに引っかけて使うこともあります。
足を中心に体を伸ばしたいときに重宝します。

教室が終わったら自分が使ったマットを軽く拭いてお仕舞いです。お片づけはスタッフの方がやってくれますが時間帯によっては生徒さん自身も片づけることがあるそうです。

ヨガ教室での流れと詳しい内容

準備運動で下半身のマッサージを行ってから特に改善すべきポイントを重点的に行います。

改善ポイントなんて個人差があるのでは?と思うかもしれませんが、ほとんどの人は似たような症状が出ています。

人の体は季節によってずいぶんと調子が変わります。
冬は寒さで筋肉が縮んで体が固くなり、土用(季節の変わり目)の頃は天候が不安定で下半身を冷やしやすくなります。夏もクーラーでお腹を冷やしやすく、梅雨の時期は湿気が高すぎて体内に水分が溜まりすぎて不調を起こします。
台風が来ると気圧が下がって頭痛や吐き気がする、地震のときは地面から摩擦エネルギーが発生するので気が落ち着かなくなる・・・などなど、天候や天災ひとつで調子が狂い、体の歪みの元になります。
下半身が冷えると股関節が固まって歩行困難になり、ひざを上げずに歩くようになります。(若い方もひざを上げない方が増えています)ひいては股関節が固まって歪んでしまい、人工関節の手術を受けるリスクが上がります。道でつまづく危険性も上がるので事故のリスクも上がります。
ここまで深刻でなくても股関節が固いと子宮など内蔵へ向かう血液が減るので体調不良や生理痛の悪化に繋がると言われています。
何より先生自身が季節の変化に敏感なので、無数にあるヨガのポーズや準備運動で最適な指導をしてくれます。

ヨガの身長アップ効果

教室に通いだして1年半して健康診断を受けました。本当は毎年受けないといけない健康診断をサボってしまい2年ぶりでしたが、身長を測ると162cmになっていました。
もともと161cmで高校生のころから全く変わらなかったのでビックリしました。デジタル計測しているので誤診断とは思えません。
身長にはこだわりがなく、身長を伸ばす努力はしていません。ただヨガを週に一度続けて、日常生活で「お尻を締める」ことを意識していただけです。
まさか40代になって身長が1cmも伸びるとは思いませんでした。

沖ヨガの基本「お尻を締める」を意識することで骨盤が正しい位置に維持しやすくなります。骨盤矯正する施設もありますが、実は自分の力である程度は矯正することができます。
より分かりやすく言えば「骨盤底筋を締める」ことを意識します。(詳しくはネットで「骨盤底筋」を検索して下さい)
骨盤は背骨を支える土台なので、骨盤が正しい位置になると背骨が伸びやすくなり、曲がった背骨がピンと立つようになります。
これが身長アップに繋がります。

ちなみに体が冷えるとお尻が締められなくなります。
ぜひ足にはレッグウォーマーを付けて下さい。冬はもちろん夏にも使いましょう。夏は薄いシルク製のレッグウォーマーがおすすめです。
意外と足首は冷えやすいので気を付けましょう。体の冷え取りとお尻締めは深く関係しています。
冷たいものはもちろん、コーヒーや紅茶などカフェインが多いドリンクもできるだけ減らしましょう。

ヨガの効能、美容、精神面など

美容

背筋がピンと伸びるので外見の印象が良くなります。
もともとひどい猫背でよく家族から注意されていましたが、ヨガを始めて半年くらいしてからあまり指摘されなくなりました。
猫背がひどいときは覇気がないと言われることもありましたが、今は全く言われません。

よく眠れるようになったので肌の調子が良くなりました。今まではプラセンタのサプリなど飲んで乗り切っていたのがほとんど不要になりました。
プラセンタサプリは高いので経済面でも助かっています。

精神面

ヨガを終えた直後には心の底からリラックスできます。
持病を治すために始めたヨガでしたが、終えたら「持病が治らなくてもまあいいや」という気持ちになります。
治療をあきらめたのではなくて、病気とともに生きるという考えに変わりました。治ればいいけどそうでなくても別にかまわないという考えです。

教室に通えない人は家でできるヨガ教材上嶋式がおすすめ

しかし大阪の教室には通えない方も多いと思います。同じ沖ヨガの上嶋式3ステッププログラムは自宅でマイペースに続けながら身長アップ効果が期待できます。
身長を伸ばすことを重視したプログラムなので、さらに短い期間で効果が出るかもしれません。特に姿勢が悪い方、いつも体が冷えている方にお薦めです。

ぜひ「お尻を締める」ことを意識してマイペースに続けて下さい。どれだけ難しいポーズを取れてもお尻が締められないと効果は限定的です。上級コースを目指すよりもまずはお尻を締めることを重視して下さい。

上嶋式3ステッププログラムの公式サイトを見る

このサイトで、上嶋式3ステッププログラムを購入し、教材の中身を紹介したレビュー記事や、教材を実践したレビューもあるので、以下の記事をご覧ください。

上嶋式3ステッププログラムの体験談

中学生女子の4つの身長を伸ばす方法

女性の一番身長が伸びる成長期は、だいたい小学校高学年から中学の初めくらいまでです。

この思春期と言われる時期の身長の伸びは、女性であれば約25センチと言われ、そこまで大きな個人差はありません。

女性の場合、思春期が終わると身長の伸びは緩やかになりほとんど伸びない女性も多いです。

そのため、成長期に差し掛かる小学生時代の生活環境によって、最終的な将来の身長が決まると言っても過言ではありません。

ですが、だからといって一番伸びる小学校高学年から中学生にかけての成長期に睡眠不足や栄養不足などで、本来伸びるはずの身長が伸びなかった事例も多くあるので、中学生女子の生活環境が身長アップにいかに大事かもわかるかと思います。

そのため、この記事では、いま中学生女子の子供がいる人へ、一番伸びる時期の成長期の身長アップに役立つ方法を紹介していきます。

中学生女子の身長を伸ばすには成長ホルモンをいかに分泌させるかが鍵

身長が伸びる仕組みは、骨と骨をつなぐ軟骨部分にある骨端線にあります。

骨端線とは、関節などの骨と骨のつなぎ目部分にある線のことをいい、この部分が成長ホルモンによって増殖され骨が伸びていくことで身長アップにつながるんです。

骨端線の骨を増殖させていく成長ホルモンは、脳にある下垂体という部分から分泌され血液によって肝臓に届き、骨端線を伸ばすソマトメジンCを作ります。

これが、身長が伸びていくメカニズムになります。

つまり、将来的に身長を伸ばすには、身長が伸びる時期である小学生から中学生までの間にいかに成長ホルモンを分泌させるかが、女子中学生の身長をアップさせるためのカギとなります。

ちなみに、女子の身長の伸びが止まるのは思春期が終わる15歳から16歳ころと言われています。

中学時代の思春期を過ぎると骨端線が徐々になくなっていくため、身長の伸びが緩やかになっていってしまうんです。

そのため、15~16歳までをいかに身長が伸びやすい生活環境を送るかが大事になっていきます。

ただ、個人差はあるが骨端線は20代前半まで残っている女性もまれにいるため、緩やかに身長が伸びていく女性もまれにいるようです。

詳しくは、以下の記事で詳しく解説しているので気になる人はご覧ください。

身長が伸びる仕組み

以下で、女子中学生の身長を伸ばすために、成長ホルモンを多く分泌させる方法を紹介していきます。

女子中学生の身長を伸ばすための成長ホルモンを分泌させる方法

女子中学生の身長を伸ばすためにできる、成長ホルモンを分泌させる方法は以下の5つです。

・バランスの取れた食事
・食事でとれない栄養素を補うサプリ
・睡眠時間を確保する
・適度な運動
・姿勢を正し成長ホルモン分泌効果のある身長アップ教材

バランスの取れた食事

成長期の中学生女子が、絶対に摂取したい成長ホルモンの分泌量を増やす栄養素はアルギニンです。

また、成長ホルモンの分泌を直接促す栄養ではないものの、骨や筋肉の成長に欠かせない栄養素は以下の4つになります。

・骨に吸着し強くするカルシウム
・ビタミンD
・タンパク質
・亜鉛

つまり、中学生女子の身長アップに役立つ栄養素はアルギニン、カルシウム、ビタミンD、タンパク質、亜鉛の55種類になります。

一つずつ詳しく解説していきます。

アルギニン

アルギニンは、骨や筋肉を作るタンパク質を形成するアミノ酸の一種で、成長ホルモン分泌を促す効果が高い栄養素です。

アルギニンは、成長ホルモン分泌にかかわることから身長アップに一番重要な栄養素ともいえるでしょう。

大人はアルギニンを体内で作り出せますが、子供は作り出せないため食事から摂取することが大事です。

子供のアルギニンの1日の摂取量4g。

アルギニンが多く含まれてる食べ物は、大豆、肉、魚、チーズ、卵など。

これらの食品1種類だけで、アルギニンの1日の目安量4gを摂取するのは無理なので、朝と夜の家での食事にバランスよく取り入れるようにしましょう。

家での食事のバランスに不安がある家庭は、アルギニンが摂取できるサプリもおすすめです。

アルギニンに加えて、後述する身長アップに欠かせない栄養素がバランスよく含まれた身長アップサプリがお勧めです。

身長アップサプリについては以下の記事をご覧ください。

身長を伸ばすサプリメントと身長アップ効果

カルシウム

カルシウム自体に、骨を伸ばし身長を伸ばす効果はありません。

カルシウムには骨にくっつき骨を固く丈夫にする役割を持っています。

当然、カルシウムも成長期の女子中学生には欠かせない栄養素のひとつなんです。

カルシウムが多く配合されている食べ物は納豆、豆腐、牛乳、ホウレンソウ、ヨーグルト、小魚など。

カルシウムは比較的取りやすい栄養素ですが、すべての食材をバランスよく摂取するのは難しいので、最低でも納豆、牛乳は毎日取ることをお勧めします。

また、カップラーメンなどのインスタント食品にはカルシウムの吸収を妨げるリンが含まれているため、カルシウムの吸収効率が悪くなるので注意が必要です。

身長を伸ばすのに必要なカルシウム

マグネシウム

骨を丈夫にするカルシウムが機能するために必要な栄養素がマグネシウムです。

カルシウムだけを摂取してもマグネシウムの働きがなければ、骨に吸着せずに体外に排出されてしまいます。

そのため、カルシウム摂取量に対して半分のマグネシウムを摂取することが必要になるんです。

マグネシウムが多く含まれている食材は大豆食品、豆腐、納豆、ホウレンソウ、バナナなど。

ビタミンD

マグネシウム同様、ビタミンDもカルシウムの吸収から骨に働きかけるまでのサポートをする役割を持ちます。

ビタミンDが配合されている食材はさんま、しゃけ、うなぎ、かつおなどの魚類が多く、野菜や大豆食品等に配合されていないため摂取が難しい栄養素の一つです。

タンパク質

タンパク質は、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンの次に大事な栄養素です。

タンパク質は骨の材料となり原型を作ります。

タンパク質によってできた骨に、カルシウムがくっつき固い骨を形成していきます。

つまり、タンパク質がないことには骨を作り出せないため身長アップには欠かせない栄養素といえるんです。

たんぱく質が多く含まれている食材は肉類、魚、卵、牛乳、ヨーグルト、チーズなど。

身長を伸ばすのに必要なタンパク質

亜鉛

亜鉛は、骨自体を作るタンパク質の合成を助ける働きがあります。

つまり、タンパク質だけいくら摂取しても亜鉛がなければ骨を作ることができないんです。

亜鉛が多く配合されている食べ物はかき、豚肉、納豆、レバー、ごまなど。

亜鉛も通常の食事では摂取が難しく不足しやすい栄養素です。

中学生女子の身長を伸ばすための食事の注意点

これまでに女子中学生の身長アップに欠かせない5つの栄養素を紹介してきました。

これらの5種類の栄養素はすべて必要な栄養素で、どれか一つでも欠けることなくバランスよく摂取することが大事なんです。

そこで、身長伸ばすための食事に関する注意点が2つあります。

一つが、太りすぎが成長ホルモンの分泌を妨げてしまうということ。

子供のころに肥満になると、成長ホルモンの分泌が減少することが医学的にも証明されています。

これは、肥満により体が大きくなることを脳が成長と勘違いしてしまうために起こります。

二つ目は、思春期を迎え多感な中学の時期は、体形に悩みダイエットを意識しる女子も多くなります。

過度の食事制限をすることにより、身長アップに必要な栄養がうまく補給できなくなることも心配です。

身長アップには痩せすぎも太りすぎもどちらもよくないことが分かっています。

家庭で食事の管理を徹底することが将来の身長アップに大きく関わってくることでしょう。

食事で足りない分はサプリで補える

食卓に並ぶ食材の中で亜鉛やビタミンDを多く含んでいるものは少なく、摂取しにくい栄養素です。

上にも書いた通り、身長を伸ばすためには骨を作るタンパク質に合わせて、骨に付着し強くするカルシウムが必要になります。

ただ、この2つの成分だけでは骨を作ることができず、タンパク質とカルシウムをサポートする亜鉛やビタミンDも同時に摂取しなければならないんです。

そのため、一部の食品に偏っていては、まんべんなくこれらの栄養素を補給するのが難しくなります。

そこで、普段の食事から摂取しにくい身長アップに必要な栄養素は、サプリメントで補うのもおすすめです。

中学生女子の子供を持つ家庭からは、身長アップに必要な栄養素をバランスよくまとめた身長アップサプリが人気です。

身長を伸ばすサプリメントと身長アップ効果

睡眠

睡眠中には成長ホルモンが一番多く分泌されます。

そのため、成長ホルモンの分泌量を多くするためには、身長が伸び盛りの女子中学生の場合、9時間から10時間の睡眠時間が理想です。

なので、夜10時(22時)から11時(23時)には寝るべきです。

睡眠時には体を休めるレム睡眠と、脳を休めるノンレム睡眠を90分ごとに繰り返しています。

成長ホルモンが分泌されるのは、ノンレム睡眠で睡眠時間の初めはレム睡眠が多く、後半にかけてノンレム睡眠が多くなるという特徴があります。

つまり、長い時間寝ることによってノンレム睡眠の時間を多く確保できるため、その分後半にかけて増える成長ホルモンの分泌量を確保することができます。

成長ホルモンの分泌を増やすために中学生女子で22時、23時に寝てもらうためには、以下の2つに注意しましょう。

・寝る2時間前には食事を済ます
寝る直前に食事をしてしまうと、睡眠中にも胃腸が消化活動を行い体がゆっくりと休めない状態になります。

疲れが残り、次の日に寝坊したり寝足りないといった疲労感にもつながります。

・スマホやゲームに注意
夜にスマホやゲームをすると夜更かしにつながり睡眠時間が短くなるだけでなく、睡眠の質の低下につながります。

本来であれば、夜になると体内時計を整えるホルモンのメラトニンが分泌され自然と眠気がきます。

ですが、スマホやゲームなどの画面の光や明るさがメラトニンの分泌を抑えてしまうんです。

そのため、できれば女子中学生のお子さんには就寝の1時間前にはスマホなどを見ない環境を作ってあげるといいでしょう。

運動

成長ホルモンは運動時にも分泌されることがわかっています。

骨に適度な刺激を与える運動がいいとされ、ランニングや水泳、バレー、バスケなどがおすすめです。

逆に、体に負荷となってしまうほどに体力を消耗するような激しい運動は、どんな運動であっても身長アップにとっては逆効果となります。

運動をすることは、骨に適度な刺激を与えて成長ホルモンの分泌量を増やすだけでなく、食事の摂取量が増えたり、睡眠時間を増やすなどのメリットもあるんです。

時間があるお子さんは身長アップトレーニング

ここまで、女子中学生の成長ホルモンの分泌量をアップさせるために、食事、睡眠、運動についてお伝えしました。

ですが、これらの対策に加えて、時間に余裕がある人は、自宅でできる身長アップトレーニングも取り入れると効果的です。

自宅でできる身長アップトレーニングのメリットは以下の3つ。

・ヨガをもとに作られたポーズをとるだけで成長ホルモンの分泌を促す
・運動不足の解消
・ヨガの効果によって姿勢を正す

上嶋式3ステッププログラムの公式サイトを見る

実際にこのサイトでは3人の女性が、身長アップトレーニングを実践し身長アップに成功しています。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

上嶋式3ステッププログラムを1ヵ月実践して2.2c伸びた
上嶋式3ステッププログラム体験レビュー3ヶ月の実践を終えた結果
上嶋式3ステッププログラムの教材を購入したのでネタバレ
低身長に悩み身長アップ↑モデル伸長法の購入に悩んでいる方へ
1か月間の身長アップ↑モデル伸長法体験レビュー

知っておきたい身長が伸びるメカニズムと基礎知識

身長がなぜ伸びるかと言うと、関節部分の骨端軟骨(こったんなんこつ)が伸びることによって骨が伸び身長アップにつながります。

ただ、この骨端軟骨がある骨端線(こったんせん)は、女子の場合だいたい中学生3年生くらいの思春期の終わりとともに閉じてしまうんです。

そのため、成長期が終わり骨端線が閉じるまでの時期に、いかに身長アップができる生活環境で過ごすことが大事になるでしょう。

思春期が始まっている女子中学生の時期は一番大事ともいえます。

その時期に、食事のバランスが乱れていたり睡眠不足などの身長の伸びを阻害する生活を送っていると本来伸びるはずの身長まで到達しない可能性もあります。

骨端軟骨の軟骨部分を増殖させ骨を伸ばすのは成長ホルモンです。

成長期が終わる中学生までに、いかに成長ホルモンを分泌させるかが骨端線を伸ばし身長が大きくなるかどうかにかかっています。

女性の身長が伸びる時期

女性の平均身長は157センチから158センチで、女子の身長の伸びのピークは個人差があるものの、小学校5年生から中学1年生くらいまでです。

なかでも身長が一番伸びるのは女子だと10歳から12歳ごろの思春期。

思春期は胸が大きくなるころに始まり初潮を迎えるころには終わり、身長のピークはストップします。

この思春期の2年間程度が身長の伸びが一番高い時期になるんです。

思春期の女性の身長の伸びは約25センチ程度と決まっています。

つまり身長を伸ばしたければ、思春期までの生活習慣と思春期の間の生活習慣を身長が伸びやすい環境に整えることで、その後の将来の身長に差をつけることができます。

思春期の身長をアップする時期が過ぎると、年々身長の伸びが悪くなり高校生程度で女性の場合身長の伸びが止まってしまいます。

つまり、小学校時代から中学1年から2年までをどう過ごすかで将来の身長が決まると言っても過言ではありません。

女子中学生の平均身長

女子の中学1年生(13歳)の平均身長 151.9cm
女子の中学2年生(14歳)の平均身長 154.8cm
女子の中学3年生(15歳)の平均身長 156.5cm

(2017年厚生労働省統計情報参照)

女子の場合は、中学の3年間で約5センチ程度身長が伸びていることがわかります。

男子が中学3年間で13センチも伸びているにも関わらず、女子の場合中学の3年間は身長はあまり伸びないていない んです。

女子の場合は、小学校高学年が一番身長が伸びる時期です。

中学生は、年に1センチから2センチ程度しか伸びない女子も多くなるのが普通でしょう。

 

睡眠で子供と大人の身長を伸ばす方法


子供は睡眠時間で身長が大きく変わると言っても過言ではありません。

逆に大人は成長期が止まると個人差はあるものの身長が伸びません。

この記事では、睡眠時間によって身長アップに影響が出る子供の睡眠について詳しく解説していきます。

この記事を読めば以下の2つの情報がわかります。

・身長アップに効果的な子供の睡眠時間の目安
・身長をできるだけ伸ばすための睡眠の質を高める方法

大人は睡眠によって身長が大きく変わることはありませんが、 成長期が止まってからも身長を伸ばす方法はあります。

大人で自分の身長を伸ばしたい人はこの記事内の「成長期が止まった大人が身長を伸ばす方法」をご覧ください。

子供の身長アップは睡眠中の成長ホルモンをいかに分泌させるかが鍵


子供の身長の伸びを左右するのは身長を伸ばすためのカルシウムやタンパク質などのバランスの良い栄養素を多く含んだ食事や睡眠、運動などの生活習慣や、遺伝など様々な要因があります。

中でも成長期の子供の睡眠の取り方によっては将来の身長を大きく左右する可能性もあります。

睡眠が子供の身長アップに大きく関わる理由は、背が伸びるのは寝ている間に分泌される成長ホルモンの働きが大きいからです。

身長が伸びるのは骨と骨のつなぎ目関節の部分にある骨端線という軟骨部分が長く成長することによって背が伸びていきます。

脳の中の脳下垂体から分泌される成長ホルモンが、骨を伸ばし身長アップにつながる骨端線に働きかけ、骨端線の軟骨部分を増殖させる働きがあるんです。

成長スパート期の成長ホルモン分泌のピークは、男性、女性で若干変化しますが生まれた直後と11歳から13歳くらいまでの2回あります。

成長ホルモンは年齢を重ねると分泌量が減少していくだけでなく、成長期が終わると骨端線がなくなってしまうためそれ以上身長が伸びなくなってしまうんです。

つまりこの時期にしっかりとした睡眠を取っておくことが将来の身長アップに、大きな影響を与えるポイントだということです。

子どもの身長アップのために成長ホルモンを多く分泌させるための睡眠においてできる対策は以下の2つです。

・睡眠時間の確保
・睡眠の質を高める

以下で、年齢ごとに必要な睡眠時間と睡眠の質を高める方法について詳しく見ていきます。

背を伸ばすために重要な子供の年齢ごとに必要な睡眠時間


身長を伸ばすための年齢ごとに必要な睡眠時間は異なります。

生まれてから6歳までの幼児期は10時間の睡眠は必要です。

幼児期から小学生までが一番身長が伸びる期間なので、この時期にしっかり睡眠時間は確保したいところです。

人によっても個人差がありますが、中学生から高校生くらいまでの思春期も9時間から10時間寝れるといいですね。

高校生以降は、9時間は睡眠時間を確保するようにしたいです。

ただしあくまで理想であって、この時期は成長ホルモンに加えて身長伸ばす働きのある性ホルモンを分泌されます。

そのため睡眠時間が少なくても身長は伸びていきますが、より身長を伸ばしたいのであれば睡眠時間にも気を配りましょう。

高校生くらいまでは睡眠時間は多く取りたいが、現代の子供はスマホやテレビ、ゲームなどの影響で7時間から8時間程度と睡眠時間がどんどん短くなっているという研究データもあります。

平均身長の低い日本人ですが、日本人より平均身長の高い欧米人は平均の睡眠時間が日本人よりも長いんです。

日本人の方が平均身長が低いのは、外国よりも平均睡眠時間が短いのも関連性があると言えるでしょう。

子供の睡眠の質を高め成長ホルモンの分泌量を多くする方法

骨を伸ばす骨端線に働きかける成長ホルモンを多く分泌させるためには、いかに深く質の高い眠りをするかが大事になってきます。

なぜなら、眠りが浅く質が低い睡眠をとると成長ホルモンの分泌量が大幅に減るからです。

成長ホルモンの分泌が減少する浅い眠りはレム睡眠といいます。

レム睡眠は覚えておかなければならない記憶や忘れる記憶などの整理の時間で、この間は脳が休まっていない状態です。

一方、寝始めてから3時間までの間に脳が休んでいる状態のノンレム睡眠と言う深い眠りになります。

最初の3時間までに一番成長ホルモンの分泌が多く、以降は3時間ごとに減少しながらピークを迎えていきます。

そんな、質の高いノンレム睡眠をとるには寝る前の行動が大事となります。

質の高い睡眠をとるための寝る前に行うべき4つの対策や注意点について以下で詳しく解説していきます。

・寝る前の食事に気をつける
・寝つきを悪くするスマホやパソコンの画面に注意する
・寝る前にお風呂に浸かり体を温める
・体を寝やすくするためにリラックスした状態を作る

以下でひとつずつ解説していきます。

寝る前の食事に気をつける

骨を伸ばす働きのある成長ホルモンを多く分泌させるために寝る前の食事ので気をつけなければいけないのは以下の3点です。

・寝ている間は体を休めるために空腹な状態にしておく
・就寝の2時間前にご飯を済ませる
・就寝中も内臓に負担をかける脂っこい料理を避ける

寝る前に脂っこい料理を食べてからすぐに寝ると、消化に時間がかかり睡眠時の成長ホルモンの分泌量に影響します。

読者の人も経験あるかと思いますが、前日の寝る前に重い食事をとることで、寝ている間にも消化のために内蔵が働き体が疲れてしまうんです。

実際に前日の夜にラーメンなどの重い食事をした時は、決まって朝起きるのが遅くなったり、目が覚めても布団から出られないなどの経験をしました。

これは、寝ている間も胃や腸などの内蔵が消化のために休まることもなく働き、結果的に体が休まっていないことを意味します。

また、睡眠時にお腹がいっぱいの状態よりもお腹が空いている方が、体がしっかりと休まり成長ホルモンも多く分泌されます。

そのため、就寝の2時間前にはごはんを済ませ、お腹を空にした状態で寝ると成長ホルモンの分泌量を増やせるんです。

塾や習い事などで夜遅くにご飯を食べなければいけない人は、脂っこいラーメンや焼肉などは避け消化にいいうどんや豆腐、納豆、お茶漬け、お味噌汁などの内蔵に負担のかからない食事をこころがけましょう。

寝つきを悪くするスマホやパソコンの画面に注意する

寝る前にスマホやパソコンなどの液晶画面を見ると、質の高い睡眠を妨げ成長ホルモンの分泌に影響します。

そのため、子供が寝る前は極力スマホやパソコンの液晶画面などを避けるようにしてください。

スマホなどが発するブルーライトには、睡眠を誘発するメラトニンというホルモンの分泌を抑えてしまう働きがあります。

メラトニンは夜になると分泌され体に夜が来たことを教える体内時計をリセットさせる働きがあるんです。

このメラトニンによって体が夜になったことを感知します。

メラトニンは眠くなる2時間前くらいから分泌され始めます。

寝る前にスマホやテレビや電気などの光を浴びてるとメラトニンの分泌が減少し眠りが浅くなってしまいます。

そのため、就寝2時間前にはメラトニンの分泌を高めるためにスマホやテレビゲームなどを控えるようにしましょう。

また、部屋の電気や光は一切なくし、子供の睡眠の邪魔をしないことも大事です。

寝る前にお風呂に浸かり体を温める

人間が眠くなる時は、体温が下がります。

なので、寝る前から逆算して30分前くらいにお風呂の湯船に浸かることで体温を上げ眠気を誘いやすくすることができます。

人間の体は、眠っている間に体温が下がることで体を休めることができます。

その他、寝る前には体の表面ではなく内部の中心の深部体温を下げることがスムーズな睡眠につながります。

だからといって、あえて体を冷やすのは良くないので、睡眠の30分くらい前にお風呂の湯船に浸かることで体の体温を上げぽかぽかになります。

そこから、30分程度をかけて徐々に体温が下がることによって深部体温も下がり眠気が現れます。

そのため、子供に寝せたい時間から逆算してお風呂の湯舟につかって体を温めることで、体温が下がったころに眠気がくるように調整できます。

体を寝つきやすくするためにリラックスした状態を作る

日中の活動的な状態ではなく、 寝る前には精神と身体とともにリラックスした状態を作る必要があります。

そのため、 子供の睡眠の質を高めるには寝る直前に子供を怒るなど興奮させるようなことは避けましょう。

人間の体は日中の活動を維持したり、緊張状態にあるような時には交感神経が優位に働いています。

一方、夜など寝る前のリラックスした状態の時に働くのが副交感神経といいます。

寝る前に活動的な交感神経が優位に立ってしまうと、脳が興奮した状態になり寝つきが悪くなる原因となってしまいます。

そのため、寝る前には音楽をかけたり読書やストレッチをしたり、極力リラックスできるような環境を作ってあげ副交感神経を優位にさせる必要があるんですね。

成長期が止まった大人が身長を伸ばす方法

睡眠は子供だけでなく大人にも大事です。

人によって個人差もあるため二十歳を超えても身長伸びる人はいるようですが、成長期が止まった大人はいくら良質な睡眠をとっても身長は伸びません。

ただ、睡眠における疲労の回復や、分泌される成長ホルモンは大人の健康にも大事な役割を果たします。

そのため、この記事で解説した睡眠の質を高める方法は健康にもつながるので参考にご覧ください。

確かに成長期が止まった大人だと睡眠によって身長を伸ばすことは難しいですが、骨盤矯正によって身長を2~3センチほど伸ばすことは可能です。

成長が止まった大人でも身長を伸ばすトレーニング方法について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。


上嶋式3ステッププログラムの教材を購入したのでネタバレ

実際にこのサイトで身長アップトレーニングを実践した体験談を掲載してあるのでそちらもご覧ください。

上嶋式3ステッププログラムを1ヵ月実践して2.2c伸びた

上嶋式3ステッププログラム体験レビュー3ヶ月の実践を終えた結果

1か月間の身長アップ↑モデル伸長法体験レビュー

関連記事

低身長に悩み身長アップ↑モデル伸長法の購入に悩んでいる方へ
身長を伸ばすサプリメントと身長アップ効果
骨盤の歪みを直せば身長が伸びる
遺伝で身長が伸びないはウソ!?身長をできる限り伸ばす方法
1日7分で姿勢も良くなり身長アップ!ミラクル姿勢改善術

遺伝で身長が伸びないはウソ!?身長をできる限り伸ばす方法


身長は親の遺伝で100%決まるというのは嘘です。

この記事では、身長の伸びが遺伝と関係しないという以下の3つの事実がわかります。

  • 身長の伸びが遺伝だけに左右されない理由
  • 遺伝の場合の将来のおよその身長
  • 遺伝以外で身長を伸ばす方法
  • この記事を読めば、遺伝だと将来の身長が低くて困るという人は、身長アップに役立つ情報が得られます。

    遺伝の影響が身長アップに全てでない理由

    親の背が低いと子供も背が低くくなるのか?という話がまことしやかに囁かれていますが、これは本当でしょうか。

    結論から言えば、「親の背と子供の背は、全く関係ないとは言えないものの、絶対的な条件ではない」です。

    それは政府の統計を見ても明らかです。

    明治33年に統計した日本人の平均身長(17歳)は男子158.9cm、女子147cmでした。

    明治33年の統計的な日本人の身長は、同じ民族なのに現在と比べて10cm以上も低かったのです。

    子供の身長は明治から戦後直後の食糧難の時代を除き、ほぼ右肩上がりに伸びています。

    もし「遺伝子で身長が決まる」なら、現在も私たちの平均身長は160cm以下のはずです。

    続きを読む

    骨盤の歪みを直せば身長が伸びる


    骨盤の歪みを解消すれば誰でも数センチ身長を伸ばすことが可能です。

    この記事を読むと、骨盤のゆがみを解消し、身長アップに役立つ以下の2つの情報がわかります。

    ・なぜ骨盤のゆがみの解消で身長アップするのか
    ・骨盤のゆがみを直し身長アップする5つの方法

    続きを読む

    女子大学生の身長を伸ばす方法


    背が伸びるのは中高生まで、大学にもなって背が伸びるなんて無理・・・そう思っている方は少なくありません。

    しかし、骨端線さえ固まっていなければ、女子大学生でも背が伸びる可能性は十分にあります。

    たとえ女子大学生で骨端線が固まっていても、骨盤矯正などで姿勢を整え、背を伸ばすことも可能です。

    この記事では、女子大生が身長を伸ばすための以下の5つの方法を詳しく紹介します。

    ・食事
    ・運動
    ・睡眠
    ・身長アップに効果的なサプリ
    ・身長アップが期待できるヨガ教材

    女子大学生であればまだ背が伸びる可能性は十分にあります。

    諦めずに、いろいろ試してみては如何でしょうか?

    続きを読む

    膝を叩いて身長を伸ばす方法


    もしあなたがまだ成長期で、もう少しだけ身長を伸ばしたいと願うなら、膝に刺激を与えると骨端線が刺激され身長アップ効果があるかもしれません。

    膝を刺激するとどのような原理で背が伸びるのでしょうか。

    この記事で、膝を叩いて身長アップができると言われている理由と、やり方、危険性、膝叩きよりもおすすめの身長アップ方法を紹介します。

    続きを読む

    踵を叩いて身長を伸ばす方法


    「踵(かかと)をゴムハンマーなどで叩き続けると、身長が伸びる」という噂があります。

    出典は某巨大掲示板(2ch)と言われ、掲示板で紹介されているハンマーで踵を叩く身長アップ効果をそのまま鵜呑みにはできないように見えます。

    しかし、偏見を持たずに調べていくと、身長を伸ばすための踵叩きは意外と理にかなっているのでは?と思わせる内容です。

    2chなどにもある身長を伸ばすための踵叩きの方法は「毎夜、踵をゴムハンマーで痛キモチイイ程度の力で10~11分ほど叩く」だけ。

    かかとを叩くのは毎日が望ましいとされますが、1日くらいはサボっても身長アップ効果はあるようです。

    個人差はありますが、踵叩きで背が伸びる人は身長が1年に1.2cm~3cmほど伸びたという声もあります。

    一方でかかと叩きで身長がほとんど伸びなかったという意見もあります。踵叩きの身長アップ効果に個人差がある理由は不明ですが、怪我をしない程度にチャレンジしてみる価値はありそうです。

    この記事では、踵叩きで身長が伸びたと言われる理由と危険性、踵叩きよりも身長アップに効果的な方法をお伝えします。
    続きを読む

    中学生の身長アップに効果的な身長サプリランキング7選


    一般的に、人は小学生高学年~中学生ごろから一気に身長が伸びます。

    女子のほうが男子より早く成長期を迎えますが、これは女性ホルモンに成長を邪魔する作用があるからと言われています。

    女性ホルモンともいわれるエストロゲンは骨の成長に働きかけますが、同時に骨の成熟も促します。

    骨が成熟すると骨端線も消えるので、女子は女性ホルモンが活発に分泌され始めると結果的に身長アップを邪魔してしまいます。

    11歳頃の中学生になると男子の身長が大きく伸びます。

    成長期に伸びた身長は、ほぼ一生変わることはありません。

    人生の印象を決める身長アップの原動力は、成長ホルモンです。

    中学生のように大幅な身長アップが期待できる限られた期間に、どれだけ成長ホルモンを分泌できるかが身長を伸ばす勝負です。

    このページでは中学生男子と女子の身長を少しでも大きく伸ばすために、成長ホルモンの分泌を促す栄養素や骨を伸ばすのに欠かせない亜鉛やたんぱく質などの効果についてご紹介します。

    記事後半では、中学生の身長アップ効果をサポートするプラステンアップ、セノビック、アスミール、カラダアルファなどの人気身長サプリランキングも掲載しました。
    続きを読む