懸垂で身長を伸ばす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


身長を伸ばす方法は様々な俗説があります。

NBAプロバスケットボール界の伝説、マイケル・ジョーダンは懸垂で身長を伸ばしたという逸話もあります。

懸垂をすると軟骨が伸びて、一時的に身長が伸びることがあるのは事実です。

しかし懸垂によって軟骨が伸びるのは一時的なもので、しばらくすると伸びた身長は戻ってしまいます。

それでは懸垂は身長を伸ばすのに全く効果がないのでしょうか?

実は決してそうではありません。

懸垂をすると身体が重力から解放され、骨盤が正しい位置に戻る可能性があります。

骨盤が正しい位置に戻れば背筋がピンと伸びて、結果的に身長がアップする可能性はあります。

この記事では、懸垂が身長アップに与える以下の情報がわかります。

・懸垂の骨盤の歪みを正す効果
・懸垂による運動が成長ホルモンを分泌

懸垂で骨盤の歪みが治る仕組み

なぜ懸垂で骨盤の歪みが改善するのでしょうか。

背中の筋肉が鍛えられて姿勢が良くなり、結果的に骨盤への不自然な負荷が減るためです。

背筋には主に3つの筋肉があります。

肩を覆う人体で最も大きな筋肉、僧帽筋と、その下の左右の脇にある広背筋、腰を支える脊柱起立筋です。

特に、広背筋は弱ると背中を支えられなくなり、猫背になってしまいます。

猫背になると、上半身が不安定になります。

この不安定さを支えるために骨盤も歪み、歪んだS字になってしまいます。

骨盤が歪んだ分だけ身長が減ってしまいます。

そのため、骨盤を正すためには猫背を治さないといけません。

懸垂によって広背筋を鍛えることで背筋を支えることができ、猫背は改善されます。

懸垂で運動することで睡眠時の成長ホルモン分泌のアップには効果的

成長期の身長を伸ばすためには、成長ホルモンの分泌が欠かせません。

成長ホルモンの分泌は個人差がありますが、ある程度なら努力次第で増やすことができます。

一つは規則正しい睡眠、もう一つは運動です。

この運動と睡眠の2つを同時に行うことで、成長ホルモンの分泌をどんどん促します。

しかし、運動なら何でも良いわけではありません。

特に、ダンベル上げなど、一部の筋肉だけを鍛える運動は身体のバランスが崩れ、成長の妨げになることがあります。

懸垂は全身運動で、適度な緊張をほぐし、重力で骨を刺激します。

懸垂による刺激が成長ホルモン分泌のスイッチを押し、夜間の寝ている間に分泌されます。

懸垂は、適度なリラックスと背筋の筋肉の強化、さらに成長ホルモン分泌を増やす効果が期待できます。

身長アップには身長アップ教材がお勧め

身長を伸ばしたい、と願っても成長期には限りがあります。

噂や科学的な根拠の薄い身長アップ法を試してばかりでは、貴重な成長期を台無しにしかねません。

成長期が終わっても数センチほどなら身長を伸ばすことができますが、大幅アップを期待するのは難しいでしょう。

成長期に数センチ以上伸ばしたいと願うなら、身長アップ教材がお勧めです。

成長アップ教材なら科学的、または豊富な経験則に裏打ちされた、効率的な方法が紹介されています。

成長期は、ある期間を過ぎると終わってしまいます。

成長期が終わった後に後悔しても手遅れなので、ぜひ成長アップ教材で実践しましょう。

身長を伸ばす教材ランキングを見る

身長アップにはサプリメントもおすすめ

身長アップには、バランスの良い栄養価が欠かせません。

特に、成長期には多くの栄養を必要とします。

一般的に身長を伸ばすのにはカルシウムが重視されますが、カルシウムは骨を丈夫にする作用はありますが、直接成長を促す作用はありません。

成長に最も必要なのは、タンパク質です。

しかし肉や魚ばかり食べても身長アップは難しいのです。

ビタミンDなど各種ビタミン、亜鉛、マグネシウムなどのカリウム、葉酸など、多くの栄養価が必要です。

身長を伸ばすのに必要なこれだけの栄養をすべて食事だけで補うのは、忙しい現代ではなかなか難しいかもしれません。

身長アップ専用のサプリメントで、足りない栄養を補うと良いでしょう。

更に身長を伸ばす効果が期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*